人の彼女や奥さんが寝取られるのが好きな人必見

妻の媚肉を弄る父の太い指

「妻の媚肉を弄る父の太い指 -知らぬ間に父のモノになっていた愛妻(つま)は、悦びの喘ぎとともに腰をうねらせていた-」は、
自分の妻が実父に寝取られてしまうというゲームです。

 

美少女というよりは、美熟女、若妻のジャンルに入るかもしれません。

 

最近ではこういった寝取られ系というものは、AVのジャンルにも多く、
恋人がAV男優に寝取られてしまう作品なども多く出回っていて、
プレイヤーや視聴者のマゾヒズムを喚起するような展開になっています。

 

個人的に私にはこの寝取られる行為にドキドキしたり、面白いと思う気持ちはハッキリ言って少ないです。
少ないどころかまったく興奮しないというか・・・。

 

ただ最近の傾向としてこういった寝取られ系が増えてきていることは間違いがなく、一定のニーズがあるのも間違いはないでしょう。
実際に「寝取られ系」はNTRという略語で語られ、ジャンルとしても確立しています。

 

この「妻の媚肉を弄る父の太い指 -知らぬ間に父のモノになっていた愛妻(つま)は、悦びの喘ぎとともに腰をうねらせていた-」
は父に妻を寝取られるという家庭内のNTRを描いた作品なので、登場人物は少なめです。

  • 主人公の妻である笹原叶愛
  • 主人公の後輩である山内歩実

この二人しか女性キャラは登場しません。

 

そして妻を亡くした主人公の父は質実剛健でプロレスラーのような体格のキャラで、叶愛を凌辱していきます。
セックスシーンやエロシーンは非常に濃厚に描かれており、特にディープキスなどで唾液が絡み合う場面はゾクゾクしました。
精液や愛液が飛び交って、女体が汚れる様はまさに男の欲望をそそりますね。

 

ちなみにこの笹原叶愛は子供こそいないけれど、かなりの巨乳でむっちり系の体型をしています。
山内歩実の方が身長も高くスレンダーな体型をしているに注目です。

 

個人的には叶愛よりも歩実の方がタイプでして、この歩実が誰に凌辱されるのかは注目してほしいところです。
この作品をプレイすると父親と妻を同居させる危険性というものを感じます。

 

昔ティント・ブラスの「背徳小説」という映画も主人公の妻が実父に寝取られていたというものがありました。
もしかするとこういった実父に寝取られるというのは、
日常世界の中にも顕現しないだけで日常茶飯事的に起こっていることなのではないかとも思います。

 

>>巨乳好きには殻ノ少女もおすすめ!